メインイメージ

廃車手続きに必要な書類

普通自動車の廃車手続きに必要な書類

廃車には、目的によって永久抹消登録、一時抹消登録、解体届出があります。普通自動車の廃車は、手続きによって書類が異なる為、注意が必要で、自分自身で手続きを行なう際は、管轄の陸運支局に出向きます。永久抹消登録には、販売店や廃車買取店等に依頼する方法と自分で抹消登録をする方法があります。
販売店や廃車買取店等に依頼する方法は、自動車検査証(車検証)、自賠責保険証(車検切れの場合は不要)、印鑑証明書 (3ヶ月以内のもの)、所有者の実印、リサイクル券(リサイクル料を支払い済みの方の場合)、委任状、譲渡証明書、車検の残存期間が1ヶ月以上の場合、その期間に応じて重量税の還付が受けられる為、還付申請をする際に自動車重量税還付申請書と還付金の振込口座(車検証の所有者と同一名義のもの) が必要になります。
自分で抹消登録をする方法は、自動車検査証(車検証)、自賠責保険証(車検切れの場合は不要)、印鑑証明書 (3ヶ月以内のもの)、所有者の実印、リサイクル券(リサイクル料を支払い済みの方の場合)、申請書、手数料納付書、ナンバープレート2枚、自動車重量税還付申請書、還付金の振込口座が必要です。

一時抹消登録申請に必要な書類は、自動車検査証(車検証)、自賠責保険証(車検切れの場合は不要)、印鑑証明書 (3ヶ月以内のもの)、所有者の実印、リサイクル券(リサイクル料を支払い済みの方の場合)、申請書、手数料納付書、ナンバープレート2枚で、販売店等に依頼する場合は、譲渡証明書・委任状が別途必要です。
永久抹消登録、一時抹消登録共に、自動車検査証(車検証)に記載されている住所や苗字が異なる場合は、引越し等で1回だけ住所が変わった場合は住民票、引越し等で2回以上住所が変わった場合は戸籍の附表、結婚等で苗字が変わり、自動車の名義人の氏名変更をしていなかった場合は戸籍抄本または戸籍謄本が必要になる為、現住所もしくは本籍地のある役所で申請し取得します。
解体届出に必要な書類は、一時抹消登録証明書、自動車リサイクル券、所有者の実印、解体申請書、自動車重量税還付申請書が必要です。
廃車には、様々な手続きが伴い、必要な書類が異なる事から、揃え忘れや不備があると手続きが遅れ、自動車重量税や自賠責保険料の還付等が遅れてしまう為、事前に確認・準備する事が重要です。

また、販売店や廃車買取店等に廃車を依頼する場合は、印鑑証明書以外の書類は用意してくれる為、必要事項に記載するだけとなります。
自分の都合に応じて、適切な廃車方法を選ぶ事が大切です。

Copyright© 2014廃車買取で知っておきたい買取業者活用方法 All Rights Reserved.