メインイメージ

証明書を貰う

廃車した後の証明書を貰う

自動車の登録を証明する書類は自動車検査証があります。いわゆる車検証です。しかしこれはナンバープレートが交付されている状態の自動車に発行される書類ですので、ナンバープレートを返納して、登録を抹消すると、車検証も返納してしまいますのでなくなります。この代わりに再び自動車を登録するための書類として抹消謄本というものが発行されます。

これは車検証をほぼ同じ形式の書類で、この書類があれば一旦抹消した自動車でも車体を解体していなければ再び車検を受ける事で登録でき利用する事が出来ます。このような一時的に利用を中断する抹消登録を一時抹消と言い、一時抹消の場合には、廃車していることの証明書が発行されます。この抹消謄本は、再登録するのに必要なだけではなく、車検が残っている場合にあまってしまう自賠責保険の解約などにも必要ですし、任意保険の等級を残して任意保険を解約する中断証明書を発行してもらうにも必要です。
しかし一時抹消ではなく、自動車の車体を完全に解体してリサイクルしてしまう永久抹消した場合には、廃車後の状況を示す抹消謄本が出ません。考えて見えばすでに車体はないのですから、それを再利用する事はありえず、抹消謄本のような証明書は必要ないので当然な事ですが、実際には廃車して自動車がなくなってしまっても、その状況を証明できる公的な証明書がないと困る場合があります。

先に書いた用に保険の手続きに必要ですし、それ以外にでも、車庫証明の申請などに必要です。車庫証明は新車登録時や中古車の購入時などに申請しますが、逆に車を手放すときには特に手続きがありません。その為、新たに自動車を購入しようとするときに、前の自動車を既に手放している事を証明する必要があります。
そういうときに廃車してしまっていると手元に何も書類が残っていない事になるわけです。そこで廃車する場合には最後に登録事項証明書と言う書類を申請しておくと便利です。
そのときの登録状況を示す書類ですので、すでに永久抹消され、車体が解体されていることを証明してくれます。

この仕組みは現在普通自動車でも軽自動車でも同じになっています。以前は軽自動車にはこの登録事項証明と言う仕組みがなかったのですが、現在は検査記録事項等証明という仕組みが出来、普通自動車と同様に請求できるようになっています。軽自動車の場合も廃車した場合には請求して発行しておくと後々便利だと思います。

Copyright© 2014廃車買取で知っておきたい買取業者活用方法 All Rights Reserved.